2008年11月16日

国籍法改正論議について

 最近、ウェブ上で話題になっている国籍法改正論議に関して、個人的に参考になった記事を紹介します。


国籍法改正の経緯と争点

(2008年6月4日)最高裁判所大法廷判決:国籍確認請求事件婚外子国籍訴訟pdf
(2008年6月5日)東京:婚外子差別 国籍法は違憲 最高裁逆転判決 比人母の子に日本籍注目の要旨・全文
 多数意見は、両親の結婚要件は一九八四年の法改正当時は合理的だったとしたが、家族観や家族形態が多様化したことを踏まえ▽婚外子差別を禁じる条約を日本が批准▽諸外国は同様の要件を廃止−など社会的変化を指摘。原告らが国籍取得届を出した〇三年には、要件の合理性は失われていたと判断した。

 さらに「国籍取得は基本的人権の保障に重大な意味があり、子の不利益は見過ごせない」と言及。「日本人の父の婚外子にだけ国籍を認めないのは不合理な差別で違憲」と結論付けた。

(中略)

 日本人の両親から生まれた嫡出子らは生まれながらに日本国籍が得られるが、同じく日本人を血統上の親に持ち、法律上の親子関係があっても、父母が結婚していない婚外子だけは届け出によっても日本国籍を得ることができない。日本国籍の取得は基本的人権の保障を受ける上で重要な意味を持つことから、この差別で受ける不利益は看過しがたく、立法目的との関連性も見いだし難い。


続きを読む
posted by sok at 23:00| Comment(13) | TrackBack(0) | 問題別リンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

安倍晋三新内閣 閣僚HPリンク集

 自民党新役員と安倍晋三新内閣閣僚の公式HPリンク集を作成しました。誤字脱字、アドレスの間違い等あれば、ご指摘下さい。確認の上、訂正します。副大臣・政務官の略歴は後日、書き足す予定です。各議員の敬称は省略しました。


自由民主党公式HPWikipedia

幹事長Wikipedia
 中川秀直(公式HPWikipedia
 57歳、法政大、衆議院4回、広島4区、森派。

政務調査会長Wikipedia
 中川昭一(公式HPWikipedia
 53歳、東大、衆議院8回、北海道広島11区、伊吹派。

総務会長Wikipedia
 丹羽雄哉(公式HPWikipedia
 62歳、慶應大、衆議院10回、茨城6区、丹羽・古賀派。

国会対策委員長Wikipedia
 二階俊博(公式HPWikipedia
 67歳、中央大、衆議院8回、和歌山3区、二階G。

幹事長代理
 石原伸晃(公式HPWikipedia
 49歳、慶應大、衆議院6回、東京8区、無派閥。



続きを読む
posted by sok at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 問題別リンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

麻生氏の靖国私案について言及しているblogリンク

 先日、発表された麻生太郎氏の靖国神社特殊法人化案。

(2006年08月08日)麻生太郎オフィシャルサイト:靖国に弥栄(いやさか)あれ
(2006年08月08日)外務省 外務大臣会見記録(平成18年8月)

 この麻生私案に言及しているblog記事を集めてみました。便宜上、賛成派・反対派・慎重派と区別していますが、細部においては賛成・反対・判断保留の理由は論者によって異なります。それぞれの見解は、リンク先で確認して頂きたく思います。リンクの順序は関連記事の公開日順で、同日に公開されている記事同士の順序は私が閲覧した順です。同じ論者が複数の記事を公開している場合も公開日順にしています。

 関連記事があれば順次追記していきます。

続きを読む
posted by sok at 00:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 問題別リンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

死刑の賛否を語る前に読んでおきたい記事

 今後、山口母子殺人事件のような凶悪犯罪が起こった際に、感情に任せて弁護人批判をしたり、或いは、死刑を求める被害者や遺族を貶めたりしないために、先ず読んでおきたいblog記事を集めてみました。


【山口光市母子殺害事件最高裁判決について】
山口母子殺害事件最高裁判決全文(PDF)
(2006年06月21日)司法試験・法律ネタと切ない日記 さむいし。:山口母子殺害事件の最高裁判断について

(2006年04月19日)元検弁護士のつぶやき:光市母子殺害事件の上告審弁論について
(2006年06月21日)元検弁護士のつぶやき:光市母子殺害事件最高裁判決の感想
(2006年06月20日)囲碁と法律の雑記帳:山口妻子殺人事件差戻し判決

(2006年04月24日)ララビアータ 田島正樹の哲学的断想:死刑廃止運動
(2006年06月21日)藤井誠二のブログ:山口母子殺人事件最高裁判決雑感。一人歩きした「謝罪の手紙」
(2006年06月22日)藤井誠二のブログ:山口母子殺人最高裁判決雑感。「更生」と罰は天秤にかけられるのだろうか。

【遺族の立場で考えるとはどういうことか】
(2006年06月23日)どん底あるいは青い鳥。:光市母子殺害事件雑感
(2006年03月20日)囲碁と法律の雑記帳:被害者問題は他人事である。
(2006年05月12日)囲碁と法律の雑記帳:緊急文:被害者の立場に立つ人たちは自省をしよう
(2006年06月09日)囲碁と法律の雑記帳:死刑の執行方法の話

【弁護人批判への反論】
(2006年03月18日)囲碁と法律の雑記帳:見ていてうんざりの弁護士非難
(2006年06月23日)囲碁と法律の雑記帳:山口殺人事件に思う弁護の危機
(2006年05月17日)Barl-Karthの日記:死刑事件の弁護(ホセ・ヤギ事件 2)

【その他の訴訟上の論点】
(2005年12月08日)囲碁と法律の雑記帳:犯罪の被害と金銭補償
(2006年01月23日)囲碁と法律の雑記帳:冤罪と国家賠償
(2006年04月19日)囲碁と法律の雑記帳:死刑囚に慰謝料を支払わされた弁護士
(2006年04月30日)囲碁と法律の雑記帳:「正義」をどう捉えるか

【体感治安と厳罰化について】
女子リベ  安原宏美--編集者のブログ:世界一少年に厳しいデータ(詳細)
芹沢一也blog 社会と権力:日本の治安悪化神話はいかにつくられたか(浜井浩一)

 厳罰化を語る前には『犯罪統計入門―犯罪を科学する方法』(浜井浩一著/日本評論社)を一読されると宜しいと思います。
posted by sok at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 問題別リンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。