2007年02月09日

米国国務省の「Interview with NHK」について

 既に各所で伝えられている米国国務省の「Interview with NHK」(Web魚拓)について、このインタビュアーが誰であるかについて確認しておく。先ず、今月6日のNHK「ニュースウオッチ9」で柳澤秀夫キャスターがクリストファー・ヒル国務次官補にインタビューをテキスト化し掲示する。発言者の表記についてはVTR中に肩書きが無い人は苗字のみとし、敬称は省略する。米国国務省HP上のインタビューは15問あるので、対応する箇所が分かるよう質問と回答の番号を付す。

 誤字脱字、間違いなどありましたら、御指摘下さい。確認の上、訂正致します。ニュースウオッチ9の動画は下記リンク先でDL出来ます。Keyword は「nhk」。
http://www8.axfc.net/uploader/15/so/N15_16575.zip.html

YouTube:NHKニュースウオッチ9[2007-02-06]


ニュースウオッチ9Wikipedia
柳澤秀夫Wikipedia
伊東敏恵Wikipedia

クリストファー・ロバート・ヒル(Wikipedia
佐々江賢一郎(Wikipedia
姜瑜(Wikipedia
六者会合(Wikipedia


2007年2月6日 ニュースウオッチ9

伊東:さあ、明後日から6か国協議が再開されます。

柳澤:北朝鮮の核問題に進展はあるのか。そして、拉致問題は一体どうなるのか。来日しているアメリカ代表のヒル国務次官補に聞きました。


【VTR】迫る6か国協議 事前調整大詰め

ナレーション
「6か国協議の議長国、中国。協議で一定の成果が出せるよう、各国に協力を呼びかけました。」

中国外務省 姜瑜報道官
「協議の核心はおととし9月の共同声明の最初の段階を実現することにあり、各国は深く議論してほしい。」


外務省 午後6時半

ナレーション
「一方、来日中のアメリカ・ヒル国務次官補は、今日夕方、麻生外務大臣と会談。麻生外務大臣は北朝鮮の核の放棄に向け、何らかの成果が得られた場合でも、拉致問題で進展が無い限り、日本政府として北朝鮮の支援に応じることは難しいという考えを伝えました。」

「また、6か国協議の日本代表を務める佐々江外務省・アジア大洋州局長との会談では、北朝鮮に対し、寧辺の核関連施設の稼動を早期に停止するよう求めていくことで一致しました。」

外務省 佐々江アジア大洋州局長
「拉致問題というのはですね、日朝関係を進めていくうえで、非常に重要な問題であって、この問題について進展があることがですね、また、この6者協議の全体のプロセスをですね、前に進めていく上でもですね、重要である、と。」


【VTR】どうなる拉致問題 ヒル代表語る

ナレーション
「拉致問題はどうなるのか。今日午前、ヒル国務次官補に柳澤キャスターが聞きました。」

ヒル国務次官補
「日本にとって拉致問題が大きな問題だというのは理解している。」(※回答4

「重要なのは日本政府が北朝鮮側と拉致問題を話し合う“枠組み”を作ることだ。」(※回答5後半

柳澤
「あなたのおっしゃる“枠組み”とは、具体的にどんなもんですか?」(※質問13

ヒル国務次官補
「作業部会であれ、何であれ、どんな形式になるかはわからない。ただ現実問題として北東アジアの繁栄のためには、拉致問題は避けては通れない。」(※回答13後半

ナレーション
「拉致問題に対する北朝鮮に姿勢に、変化の兆しはあるのでしょうか。北朝鮮と直接交渉を重ねるヒル国務次官補にその感触を尋ねると」

柳澤
「北朝鮮が拉致問題について日本と話をする気があるという感触は?」(※質問14

ヒル国務次官補
「それは何とも言えません。拉致については、わたしもほかの代表たちも問題提起している。北朝鮮も拉致が重要な問題であることは十分承知しているはずだ。」(※回答14


【スタジオ】迫る6か国協議 事前調整大詰め

柳澤:今回の6か国協議、かなり期待感はあるんですけれども、北朝鮮の核問題が果たして進展があるのか。そして、日本で異常(異様?)に関心のある、重要な、その拉致問題で北朝鮮がこれまでになく誠意ある対応を見せるのか、これもはっきり言えば分からないですよね。まあ、いずれにしましても、今回行なわれます、再開される6か国協議、これまでになく重要な意味合いを持った、重要な節目になる6か国協議であることは間違いありません。え、明後日からは私も北京に飛んで現地で取材して、現地からお伝え致します。

 「中国人外交官」のくだり以外で不穏当と思われる箇所について、そこだけを切り取って揚げ足を取るつもりはないが、質問内容や編集と合わせて全体として見ると、何らかの傾向はあるかもしれないので、その意味を確認しておく。異常なのか、異様なのか。どちらにも聴こえるので判断は保留しておく。

国語辞典 英和辞典 和英辞典 - goo 辞書
いじょう ―じやう 0 【異常】

(名・形動)[文]ナリ
普通と違っていること。いつもと違うこと。また、そのさま。
⇔正常
「―な事態」「今年は―に暑い」
[派生] ――さ(名)

せいじょう ―じやう 0 【正常】

(名・形動)[文]ナリ
変わったところや悪いところがなく普通であること。正しい状態であるさま。
⇔異常
「―な発育」「ダイヤは―に戻った」

いよう ―やう 0 【異様】

(名・形動)[文]ナリ
普通とは変わった様子である・こと(さま)。
「―な風体の男」
[派生] ――さ(名)

 次に、米国国務省「Interview with NHK」の内容と、NHK「ニュースウオッチ9」で放送されたインタビュー部分を照らし合わせて見る。内容が一致すれば、インタビュアーは柳澤秀夫氏と同定できる。番組中で話された内容の部分を青太字で示す。ネット上で話題になっている中国人外交官のくだりは赤太字で示す。
Interview with NHK

Christopher R. Hill, Assistant Secretary for East Asian and Pacific Affairs
US Embassy, Tokyo
Tokyo, Japan
February 6, 2007

(中略)

QUESTION:Do you think that the Japanese Government can't agree with any kind of breakthrough once you get to the upcoming talks without any progress on the abductees issues?

ASSISTANT SECRETARY HILLWell, I think everybody knows that the abductee issue is a big issue for Japan, and of course it should be a big issue for Japan. I mean, it's a very shocking thing that people were taken from their daily lives and abducted, with no information for years and years. So obviously it's a big issue for Japan, and so Japan needs to have a mechanism for dealing with that and figuring out what happened. I think everyone understands that. And if you look carefully at the September 2005 statement, you'll see it's envisioned that there's a bilateral process for Japan and North Korea to begin to deal with their outstanding issues. And obviously abductions are part of this.


QUESTIONMy friend from the Chinese diplomats, he just mentioned some dissatisfaction over the Japanese Government, you know, insisting on something on the abductees issues. They just always complain that that's an obstacle for the further progress on the Six-Party Talks. So I see some gaps in the perception between Japan and other countries. So how can you just persuade the Japanese Government?

ASSISTANT SECRETARY HILLWell, you know, I don't know who your friends are in the Chinese Foreign Ministry, but the Chinese Foreign Ministry people I talked to understand that this is a big issue for Japan, and the Japanese Government cannot ignore this issue. So I think the Chinese try to look at these problems with a sense of realism, and the reality is it's an issue. So we'll see what we can do.

I think what's important is to try to create a mechanism where you can sit down with the North Koreans. I mean, the Japanese Government can sit down with the North Koreans and begin to have some discussion about this. You know, the Six-Party Talks – it's a very broad platform, and we can launch several initiatives off of this platform. There are a number of initiatives, for example U.S.-North Korea bilateral issues can be addressed through the Six-Party process. In fact, if we can get through denuclearization, and if we can get that implemented and moving forward, we can also look at the very important task for the Korean people, on the Korean Peninsula, to see how they can begin to deal with the problem of replacing the armistice with a peace treaty.

(中略)

QUESTION:Let me make a follow-up question about the abductee issue. Since you came to Japan, you mentioned several times a mechanism by which Japan can talk with the DPRK on the abductee issue. Let me clarify the meaning of "mechanism." Is it something like what you're trying to create in the upcoming Six-Party Talks? I mean, a subcommittee or working group?

ASSISTANT SECRETARY HILL:Well, again, I don't want to get too specific, which is why I used a very unspecific word like "mechanism," but I will say that this is a big issue in Japan. I know this. I hear about this every day from my counterpart, Ken Sasae. I know the importance of this issue, and this issue attaches a certain reality. I mean it creates a certain reality for how we can proceed in the Six-Party process, which involves of course not only denuclearization but other elements there that are intended – that once we get denuclearization, that we bring the DPRK, North Korea, into the international, into the world, really. And so clearly we need some ability to deal with some of these problems. So we need to find a mechanism.

Now, whether it's a working group, whether it's something like that, you know, we'll see what can be arrived at. But the reality is this problem needs to be addressed if we are going to create a situation in Northeast Asia where this region can prosper. It already is prospering economically, and it needs to prosper politically as well.


QUESTIONIs there any indication or signal that the DPRK is willing to talk about this abductee issue?(※VTRでは文末表現は〜issue with japan?)

ASSISTANT SECRETARY HILLWell, I must say – I'm not prepared to tell you whether there's a signal or not a signal. I can certainly tell you that I've raised the issue, and I know other delegations have raised the issue. So I think the North Koreans are under no illusion that this is not an issue -- It's an issue that is felt very strongly not only by the Japanese Government, but by the Japanese people as well. So they've heard that from a number of us. And so let's hope that we can find something that will really create some new possibilities for, first of all, helping the families of these abductees, helping the families deal with – at least so those families can know what happened, whether that's good news or tragic news, at least so they know what happened. And then let's see if we can look forward to the day where we can create a situation where states in the region can address their bilateral problems and can prosper in the future.

(後略)

 青太字部分の共通部分が多いことから、米国国務省HPに公開された「Interview with NHK」のインタビュアーは、柳澤秀夫氏の発言と同定できる。ニュースウオッチ9で放送されたヒル次官補の最初の回答は、回答4と5の後半の継ぎ接ぎであり、赤太字部分の「中国人外交官」のくだりが抜け落ちていることも分かる。最後に、このインタビューをNHKがどのように報じたかについて、下記のWeb魚拓で確認しておく。

(2007年02月06日)NHK:ヒル代表 日朝の枠組みに期待(Web魚拓
ヒル代表 日朝の枠組みに期待

ヒル国務次官補は、6日午前、東京のアメリカ大使館でNHKとの単独インタビューに応じました。この中で、ヒル次官補は、8日に北京で再開される6か国協議で、北朝鮮側からどのような譲歩を引き出そうとしているのかは明らかにできないとしながらも、北朝鮮の核放棄に向けた第一段階の具体的な措置での合意に強い期待を示しました。また、ヒル次官補は「核問題で進展がみられれば、6か国協議の枠組みは、拉致問題など地域のさまざまな問題の解決に向けて取り組むことが可能になる」と述べました。そして、拉致問題について「人々がある日突然日々の生活を奪われ、家族について何年も情報を得られないという非常に衝撃的な出来事であり、日本にとっていかに重要な問題か、みなが理解している」と述べたうえで「いったい何が起きたのか、拉致の詳細を明らかにするための枠組みが必要だ」と述べ、日本と北朝鮮が2国間で問題を話し合う何らかの枠組みを設置することに期待を示しました。

2月6日 12時12分

 NHKニュースウオッチ9、NHKニュース。ともに、ヒル次官補の回答次第では、どのように報道していただろうか。米国国務省で質問内容が公開されていなければ、マスメディアのやり方を国民は知ることができなかっただろう。


参考リンク
(2006年5月19日)NW9コラム01:柳澤秀夫のねじりはちまき 第7回
 昨年5月、横田滋さんと韓国拉致被害者家族との対面を取材した際のコラムでは「思わずもらい泣きしてしまいそうな、横田さんとキム・ヨンナムさんのお母さんの涙の対面を取材」と書いていた。


【02月10日01:00追記】
(2007年02月08日)あんた何様?日記:柳澤秀夫の不思議な質問
 追記でリンクして頂きました。ありがとうございました。
posted by sok at 06:30| Comment(1) | TrackBack(1) | テキスト起こし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
六者会合関連メモ。

(2007年02月08日)電脳補完録:「米朝覚書に署名」朝日報道 ヒル次官補は否定
http://nyt.trycomp.com/modules/news/article.php?storyid=5989


(2007年02月10日00:18)時事通信:拉致問題で協議を=6カ国協議でロシア代表
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2007021000016
Web魚拓
http://megalodon.jp/?url=http://www.jiji.com/jc/c%3fg%3dpol_30%26k%3d2007021000016&date=20070210104146
 【モスクワ9日時事】タス通信によると、北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議のロシア首席代表、ロシュコフ外務次官は9日、記者団に対し、「日本人拉致問題は論理的な帰結まで協議する必要がある」と述べ、北朝鮮に日本との国交正常化に関する作業部会設置に応じるよう求めた。
 同次官は、拉致問題解決に支援を表明するよう各国に呼び掛ける考えを明らかにした。
Posted by sok at 2007年02月11日 01:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33260050

この記事へのトラックバック

★ 我々も中国の50年先を占ってみる ★
Excerpt: ■ 「中国独裁50年続く」米専門家予測 経済自由化進んでも ■  【ワシントン=古森義久】中国の将来は経済の自由が広がっても政治面での独裁や弾圧は長期にも変わらない−という米国の著名な 中国 研究者の..
Weblog: 『漫画  アブナイ! 中国』  好評発売中!!
Tracked: 2007-03-09 22:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。