2006年08月20日

加藤紘一事務所放火事件続報に関するメモ2

※2007年1月14日:加藤紘一事務所放火事件に関する先のエントリーは、追記を重ねて読みにくくなったので、2006年8月20日以降の追記については新エントリーとしてこちらに移すことにする。

【08月20日追記】
 朝鮮日報の韓国語版には放火犯と見られる男の名前と所属が載っている。日本の報道では「大日本同胞社」の名前は幾つかの地方紙とスポーツ紙に載っている。大手5紙では産経と日経に所属団体名のみ記述があることを確認。内容は18日付の神戸新聞と同じ、通信社の配信記事。放火犯の氏名に関しては日本のメディアには上がっていない。これは当該右翼男性が意識不明であり、事情聴取や逮捕は回復を待ってからだからだろう。朝鮮日報韓国語版のExite翻訳を載せておく。所属団体と放火犯の氏名に関して青字で強調しておく。

(2006年08月17日)朝鮮日報 韓国語版
 去る 15日夕方加藤Koichi(加藤紘一)私は日本自民党幹事長の山形(山形)現故郷の家と事務室を丸焼けさせた放火犯は日本東京に本部を鈍い右翼団体 ‘ダイニホンドホシャ’(大日本同胞社) 所属組織員であるホリコメMasahiro(堀米正広・65)という男に明かされた. ホリコメは火をつけた後現場近所で腹切り自殺を企てて病院で入院治療を受けている.

 ホリコメが属した ‘ダイニホンドホシャ’は 1982年結成された以来東京新宿に事務室を置いて活動を始めながら警察の集中監視対象に含まれていたが, 最近にはこれと言う活動はないことと知られた. 日本警察は放火犯が現在ものを言えない状況なので, 状態が好転し次第に放火背景などに対して本格調査をする方針だ.
 なお、本事件の発生から18日頃までの報道については、特定アジア・メモさんが列挙している。事件報道の差異を手早く知るのに便利。後続情報はYahoo!ニュース等で。

(2006年08月18日)特定アジア・メモ:加藤紘一議員の実家火災
Yahoo!ニュースカテゴリー:加藤紘一議員の実家火災

 山岡俊介氏のアクセスジャーナルには下記の記述がある。真偽は不明。私の手には余るので、メモに留めておく。Wikipediaにも早速、事件に関する記述があるが、こちらも真贋不明。メモに留めておく。切込隊長は、届出内容から偽装右翼か右翼標榜暴力団の線を推定している。登記の確認についても触れている。

(2006年08月18日)アクセスジャーナル:加藤紘一代議士実家放火事件の背景ーー上部団体は過去、宮澤首相邸前割腹、新潟県知事襲撃を決行
>当局は同団体は広域指定暴力団である住吉会系音羽一家系列と見ている。

住吉会 - Wikipedia
住吉一家 (東京) - Wikipedia
日本青年社 - Wikipedia
>2006年8月15日、加藤紘一実家放火事件発生。犯人と見られる男性は青年社構成員と見られている。


【08月30日追記】
 加藤紘一事務所放火事件の右翼男性が逮捕された。国会議員とメディアの反応が鈍かったのは、夏休み中でコメントを求める対象が地元や海外に行っていたからか。政争に利用されなかったことは良かったが、国会議員を狙ったテロ行為に対する姿勢として、この反応の鈍さはどうなのだろう。

(2006年08月28日)朝日:首相、暴力での言論封殺を批判 加藤氏の事件で初言及
(2006年08月29日)産経:加藤衆院議員事務所放火事件 右翼団体構成員の男を逮捕
(2006年08月29日)読売:加藤元幹事長の実家に放火、右翼団体構成員の男を逮捕
(2006年08月29日)日経:加藤氏実家への放火、容疑の男を逮捕
(2006年08月30日)毎日:加藤議員実家放火:容疑者の背後関係も追及 山形県警
(2006年08月30日)朝日:右翼団体幹部を逮捕 加藤氏実家の放火事件


【09月06日追記】
(2006年09月03日)読売社説:[加藤氏宅放火]「やはり言論封殺が狙いだった」
 「加藤氏の発言を不満に思い放火した」。加藤紘一・元自民党幹事長宅への放火容疑で逮捕された右翼団体構成員の男が、そう供述しているという。
 「借金があって生活が苦しく死にたいと思った」とも話しているというが、加藤氏宅を狙ったのは、やはり政治的なテロだったのだろう。
 民主主義社会にあって、暴力による言論封殺は許されないことだ。

 これは、どうなのだろう。政治的なテロ+借金、読売はそういう説に乗るのだろうか。捜査機関は、そういう方向で捜査を終わらせる気なのか。庶民を納得させる“ストーリー”として「借金」という理由が出て来た点は、故・石井紘基氏(民主党・衆議院議員)を殺害した自称・右翼の伊藤白水の供述に酷似している。伊藤白水の場合、石井氏に借金を申し込んで断られたことが原因で待ち伏せて殺害したという話だった。「借金」が理由ならお金がテーマなのだから、やはり資金の流れ、容疑者自身と所属構成団体、上位団体の収支状況についても調べるべき。国民の代表たる国会議員が狙われているのだから、このテロは日本国民に対するテロ、少なくとも加藤氏の選挙区民に対するテロだろう。


【2007年1月14日追記】
 2007年1月11日に山形地裁で開かれた裁判に関する記事二つ。コメント欄でメモするつもりだったが、Web魚拓のURLをそのまま貼ると画面が崩れるようなので、本文に追記する。

(2007年01月11日)朝日:加藤紘議員宅放火、弁護側「テロ」、検察側「生活苦」Web魚拓
(2007年01月12日)河北新報:加藤議員実家放火 「謝罪の気持ちない」山形地裁初公判Web魚拓


関連エントリー
(2006年08月17日)加藤紘一事務所放火事件を巡って
(2006年08月18日)加藤紘一事務所放火事件に関するメモ
posted by sok at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 靖国神社参拝関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。