2009年04月18日

カルデロン一家追い出せデモが利用したもの

 下記はYouTubeに公開されている追い出せデモ動画の投稿者による紹介文。太字は当ブログによるもの。

YouTube:カルデロン一家追い出せデモ_蕨市わらびし
chako3491
2009年04月11日
(概要)

埼玉県蕨市わらびしは拉致被害者の飯塚繁雄氏がお住まいになっているところである。拉致情報提供者及び拉致協力者拉致実行者が多数住んでいると思われる場所である。ここの第一中学校にカルデロン一家の娘は通学している。フィリピン外務省は「帰って来なさい。」と呼びかけているにもかかわらず素直に応じていない。川口蕨周辺は外国人居留者の多い場所である。訪れてみて驚いた。私は千葉県柏市在住であるがその一中の環境、つくり、たたずまい等柏市のどんな中学校よりすばらしいのである。住宅地も同じである。税金が豊富に費やされている。財政が豊富である。住民は豊か。こんな感想を持った。外国人が大勢集まるはずである。それに住民もデモ行進の途中であるが80がらみのばーさま が「仲良くしないとね?」と2、3人の若い女性の住民にさとしていた。教祖さまのお言葉を直近で聞きました!まさに衣食住足りて何の不満もない様子である。蕨市議会はカルデロン一家を助ける議案に全会一致で賛成した。赤い議会。そして過去に赤い拉致。デモ行進は何度となく、そう、6回ほど赤い刺客に妨害された。うち4名拘束2名逮捕。外国人は中国人は日本人と結婚すれば3年間で日本人。普通の中国人は5年間日本にいると永住権が得られる。こんなあほんだら国は世界にない!家族親戚呼び寄せですぐ10人が永住権。日本人になるには10年間ぐらい。今、中国語しか話せない日本人が一万人単位で増えている。なに不自由のないお坊ちゃま日本人は、このままいくと、、ある日突然父親の会社が倒産して路上生活の乞食になるやもしれん。。あるいは強盗団が父親を殺して路上にほおり出されるやもしれん。。と白日夢を見た。。2009-4-11蕨市にて「主権回復を目指す会」「せと弘幸Blog『日本よ何処へ』」「外国人参政権に反対する会 ・東京」「在日特権を許さない市民の会」「日本の自存自衛を取り戻す会」他撮影編集: 田代照夫

 一読した感想は、カルデロン一家と拉致被害者家族の飯塚繁雄氏に何の関係もないということ。この程度の連想ゲームで憂国者を気取れるという発想が、私には理解し難い。だが、それよりも理解し難いことは、日頃、愛国者や憂国者を自認・自称する人達が、こういうゲスな拉致問題の政治利用(それも排外主義運動への利用)を、看過しているということ。

 私は生まれて初めて、13歳の子供に対してデモ行進をする集団を目にした。両親と離れたくはないという子供の感情を、記者会見で述べただけで、「言論活動の最前線」に出たとして、個人攻撃のデモ行進を肯定している集団を初めて見た。個人、少人数レベルでも、そんなことをする人はこれまで見た事がなかった。彼らがそのような威圧活動に日の丸を用いている姿を見た。そして、こうした行為を容認している保守言論を、見た。

 在特会はその極端な思想を具体的な行動に移してはいるが、彼らが特別なわけではない。在特会が「似非保守」であり「真の愛国者」ではないと言うのなら、「似非保守」ではない「真の愛国者」はどこで何をしているのだろうか。カルデロン一家に対して「痛い」認定で批判記事を書いていた人達は、いま何をしているのだろうか。13歳の少女に対してデモ行進する集団が「痛い」認定に当て嵌まらないなら、その基準のバイアスを疑ってみた方がいい。先頃、在日朝鮮人に対して不作為の責を追及していた人達も、その言がポジショントークでないのなら、何か言ってみたらどうか。北朝鮮にもフィリピンにも在特会にも新風にも、人質を取られていない彼らは、自らの意思によって容認していると、その不作為の責を問おうか。

 カルデロン一家追い出せデモの関係者は、その動画の紹介文で、何ら関係のない拉致問題を利用した。民族問題として拉致問題を語るというアプローチに関しては、在外同胞(在朝日本人妻や中国残留孤児・寡婦)に対するネット世論の冷淡さを見れば、とても期待できそうにないが、その上、人権問題として拉致問題を語るというアプローチについても、常にポジショントークの色彩を帯びるとなると、草の根で拉致被害者救出を国際世論に訴える論理は、相当限られてくる。

 人権に興味が持てないのなら、せめて蕨市デモの動画に英字幕を付けてYouTubeにアップされたら、どういう反応が返ってくるかと想像してみればいい。捕鯨論争におけるオーストラリアの言い分を、カンガルー虐待動画を見た後でも素直に受け取ることが出来るかと考えてみれば、あのデモのマズさに気付くだろうか。日頃、国際情報戦の重要性を訴えている人達が、傍からどう見られるかということを、何故、省みないのだろう?人道論で考えられずとも、功利で考えてみても、最低だ。


 保護法益に関しては、モトケン氏のブログを参照。

モトケンブログ:不法残留の罪
 不法残留の罪においては、直接的な法益侵害は、外国人の出入国に対する国の管理業務が妨害されたということであって、不法残留の罪を犯したからと言って直ちに一般市民に具体的な不利益が生じるわけではありません(統計的には失業問題などと関連してくることは考えられますが、これも個人非難の理由とはしにくいでしょう)。

 強いて言えば、近くに言葉が通じない異邦人が住んでいるという不気味感または漠然とした不安感はあるかも知れませんが、これは外国人固有の問題ではありません。

 そして、このような不安感もその外国人が長く住むようになって言葉も交わせるようになれば、だんだん薄れていくものです。

 実は、不法残留の罪の矛盾のようなものがここにあります。

 不法残留期間が長期間になればなるほど、違法状態が長期間生じるわけですので、不法残留の罪としては重く処罰されるべきであるということになってきます。

 しかし、不法残留期間が長期化したという事実は、長期間警察や入管の目に触れたり注意を引かなかったと言うことを意味します。

 言い方を変えると、悪いことをしないで真面目に暮らしていたということです。

 そして、段々地域にも馴染んでいくわけです。

 つまり、不法滞在としては悪質であればあるほど、つまり滞在が長期にわたるほど、市民としては善良であることが証明されていくわけです。

 (補足追記 なぜ証明されていくかについては、No.105 感熱紙(刑) さんのコメント参照)

 在特会の人たちが「たたき出せ」と言っている犯罪者というのは、そういう犯罪者です。

 しかも、両親はデモの二日後には帰国のため出国予定だったとのことですし、子どもさんは在留特別許可を得ていますので、デモ時点では適法に在留しています。
posted by sok at 21:27| Comment(5) | TrackBack(1) | ネットと言論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大体飯塚さんは蕨にお住まいじゃないのに、どう結びつけるつもりなんでしょうか、在特会は。

http://nyt.trycomp.com/modules/news/article.php?storyid=7942

そもそも拉致問題を引き合いに出して正当化しようというのがダメですけど、それ以前の事実の確認すらできないっていうのが、怒るというよりもゲンナリします。
Posted by きぐつ at 2009年04月19日 09:00
 きぐつさん、コメントありがとうございます。そして、電脳補完録の山本さん、ありがとうございました。

 ある程度、右からの批判の言説を目にするまでは、在特会や新風を「似非」と切り捨てることに躊躇いがあったのは、うちの本棚に、昔読んだ櫻井誠氏の著書が一冊あったからという理由もあります(他に山野車輪氏や新井知真氏の著書も)。もしかしたら、5年くらい前の自分が、その頃のままの思想や態度を先鋭化させて突っ走っていたら、行きつく先は在特会や新風支持者だったかも、あのデモ行進の真ん中や後ろの方に連なっていたかも、現に当時の自分と似たような思想の人達は追い出せデモを気に留めている様子もないし、と考えていくと、在特会や新風が特別な存在だとは思えませんでした(全力で否定したいところですが)。今回、きぐつさん、山本さん、それからCOZYさん、その他、何人かの保守系ブロガーの批判記事を読むことができてよかったです。
Posted by sok at 2009年04月20日 01:39
この沿線の者です
田口八重子さんは蕨の隣、川口の住人
埼玉に拉致被害者が多いのは事実
去年秋まで各駅前のビルや役所に帰れ拉致被害者!の垂れ幕が下がってたのも事実
住人が言うのだから間違いない
いつの間にはずされたと思ったらノリコ騒動
蕨市議会が一家の在住を求めたのにあきれてる
埼玉県民が望みはまず拉致被害者の救出
そして田口一家へのネットでの誹謗中傷を止めさせる事
八重子さんは被害者であり北朝鮮で生き抜く為、仕方なく大韓航空爆破事件の実行犯に日本人化教育を行った
逃げる事も出来なかった
教えてしまったのは不可抗力
まして飛行機を爆破するなど拉致被害者の身で知る由もない
ネットでの八重子さんにも責任がある
息子はずうずうしいの
のカキコを見て日本人がカキコしたのかと呆れました
Posted by 蕨市 at 2009年04月23日 12:57
蕨、西川口、埼玉寄りの東京・赤羽の駅周辺は戦後、三国人が不法占拠
手早く大金になる風俗に力を入れた
マスコミ関係者なら割引クーポン貰った事あるんじゃないのぉと言う位、大々的に宣伝
有名な風俗街
70年代にはアジア女も来日
蕨から電車ですぐの赤羽に教会がありpナが訪れ屋台だらけ
日本人は通れない
蕨にはpナ料理の食堂も出来た
昔からコミュニティが出来てた
低所得の日本人も多い歓楽街
男女のトラブルも多くpナの評判はww
一方、国際結婚・ハーフの子も多い
首都圏なのに物価安
アフリカ・中東・インド系が爆発的増加
宗教色が濃くモスクも作った
多産になり易い民族
子が日々増殖
学校は国際色豊か
ノリコは日本人の友達しかいない事を帰国できない理由にしてる
これが事実なら凄い差別
韓国3世位はザラにいて日本人と話してる時もオモニ(母ちゃん)位の簡単なハングルは飛び出す
夜の川口は中国人の方が多い
若い外人に仕事を奪われた熟年日本人が荒川の土手でホームレス
蕨に日本初の住民票を置けるネットカフェが誕生したのは政治家も知る所
政治の中心から遠くない
政治家は首都圏の後進国の人の爆発的、増加は解ってる
ノリコの滞在を許可した
今後、日本の教育がタダ!と嬉々として子を置いて帰国する不法者が続出
先進国は他国の子も見殺しに出来ない
日本人の血税で他国の子を育てる事になった
埼玉の政治は風俗で大儲け、足を洗った人達に牛耳られたと悟った騒動でした
Posted by 蕨市 at 2009年04月23日 13:17
ノリコ母はクリーニング屋でバイトしてたと写真まで公開
出産で辞めるまで風俗勤務と思う
蕨に日本語を話せない女を雇うのは風俗系しかない
語学能力も腕力も必要としない単純労働の工場はタイや中国に移転してると外人が一番知ってる
不法入国でも体を売りたくないpナはシンガポールでメイドになる
日本のまして都会に来るpナは最初から売春で一山当てようの魂胆
ノリコ母が風俗勤務してないと言うならコミュニティが出来てた証拠
先輩pナに仕事を紹介、母国語で指導して貰ってた
ノリコは日本語しか話せないの嘘は成立しない
売春を責めてない
国際機関が頻繁に日本は貧しい国の女を搾取して!と非難されるのが悔しい
このカキコをただの誹謗中傷と思う前にまず埼玉に来なさい
蕨から東京の赤羽→中国人が乗っ取ろうとしてる池袋・都内最大のコリアタウン大久保一帯を歩いて
韓国・中国人の次にpナも多いなと解る
それでもまだノリコが可哀想だと思いますか
カメラ目線で自分を日本人だと思い込んでたと言える
末恐ろしい娘だ
Posted by 蕨市 at 2009年04月23日 13:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117726562

この記事へのトラックバック

口をぬぐってるというより、呆れてものが言えない
Excerpt: 蕨の(ピー)な大行進について。 まとめとしてはスネークとして大活躍のmiracleさんのこれあたりを読んでもらうといいのだけど、単純に、排外主義といわれて言い訳のできない行動に俺たちの日の丸を使われ..
Weblog: きぐつさんのぶくま感想戦
Tracked: 2009-04-19 14:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。