2009年04月16日

カルデロン一家追い出せデモに関して、「似非」でない右派ってどこにいるの?

youtube:カルデロン一家追い出せデモ_蕨市わらびし

 カルデロン一家に対する今回のデモ行進に関して、在日特権を許さない市民の会(在特会)や維新政党・新風(新風)を、特殊事例として、「似非」と切り捨てることは容易い。けれど、では何故、彼らのような存在が、ウェブ上では一定の支持を得るようになったのか。新風は、選挙では未だ一議席を取れるほどの勢力ではないものの、それでもウェブ上では、愛国者や憂国者を自認する人達の間で、その蛮勇・暴挙が看過される程度には支持されている。

 2007年4月に起きた伊藤一長長崎市長銃殺事件に関して、「白正哲」犯行説という陰謀論を唱えて証明できなかった保守系ブログ『博士の独り言』は、今でも政治系ランキングでトップの座にある。また、田母神元航空幕僚長「論文」問題の際には、コミンテルン陰謀史観には与しないとする保守系ブロガーもいないことはなかったが、田母神氏が出典として挙げていた論文の著者、保守系言論人への評価にまで踏み込んでいる人物は殆ど見かけなかった。田母神氏の陰謀論を下支えしているのは、(結論を取り違えられた秦郁彦氏を除く)そうした保守系言論人と、その著作であるにもかかわらず(※1)。

 ウェブ上には、見咎められる言説と、見咎められない言説がある。軽率な言動により炎上に至るものと、軽率な言動でも炎上に至らないものがある(※2)。迂闊な発言でも「痛い」と認識されるものと、そうはならないものがある。両者を分け、標的を見つけてきて紹介し、「痛い」という共通認識を与えているのは誰か。それは在特会でも新風でもない。

 今年3月、幾つもの匿名掲示板群まとめサイトや愛国者・憂国者を自認・自称するブロガー達が、カルデロン一家を巡る問題を「痛い」事例として取り上げていた。そんな彼らのうち何人が、今回、在特会と新風が行ったデモ行進の非を取り上げただろうか。本件を「痛い」ものとして取り上げている匿名掲示板群まとめサイトがいくつあっただろうか。

(2009年3月9日)痛いニュース(ノ∀`):カルデロンのり子さん「お父さん返して!」と父親強制収容に悲痛な叫び
(2009年3月11日)痛いニュース(ノ∀`):13歳少女が泣いている。これでいいのか日本の「人権」 国連も調査に乗り出す …沖縄タイムス
(2009年3月12日)痛いニュース(ノ∀`):フィリピン人一家の弁護士「ネット上のバッシング、一部の人たちに外国人排除の発想があるのではないですか」


批判しなければ同調したものと看做すという論法はどこへ行ったのか

 3月末、WTCへの府庁移転案が府議会で否決された際、橋下府知事は「やっぱり日本は北朝鮮じゃないってことですよ。何でも思い通りに物事を進めたら独裁者になってしまう」と発言し、朝鮮学校の父兄から抗議受けるという出来事があった。この橋下発言を受けて、ウェブ上では府知事に賛同する意見と批判する意見とが表れた。

(2008年3月30日)痛いニュース(ノ∀`):橋下知事「日本は北朝鮮じゃない」→朝鮮学校母親ら抗議

 府知事は父兄からの批判に対して「北朝鮮国内にいる人は声を上げられないから、せめて日本にいる北朝鮮の皆さんが声を上げて、今の体制を変更するように運動を起こしてもらいたい」と報道陣に語ったという。

(2008年4月6日)朝日:橋下知事、ミサイル発射で「在日朝鮮人も体制批判を」

 これを受けて一方には、“在日朝鮮人の中には北朝鮮国内に親族がいる者も多く、身内を人質に取られた状態では選択できる言説が限られてくる”として、日本国という安全圏から北朝鮮批判の声を挙げることを要求することの卑劣さを説く意見があった。他方には、そうした意見を“身内が人質に取られているということを言い訳にしてありとあらゆる人権侵害を正当化している”とする意見があった。

 したたかな北朝鮮当局のこと、身内を北朝鮮国内に残した在日朝鮮人を最大限利用するということも考えられるだろうし、また、実際に選択肢の限られている在日朝鮮人もいるだろうとも思うが、ここでは北朝鮮問題に関しては論評しない。

 今回のカルデロン一家に対する在特会や新風の暴挙は、日本国で起きたものであり、この件に関して、我々日本人の殆どは、北朝鮮にもフィリピンにも身内を人質に取られてはいない。つまり、前述の在日朝鮮人が用いたような「言い訳」は存在しないのである。何ら手加減する要素なく、今回の暴挙を批判できる状況にある。「ありとあらゆる人権侵害を正当化」せず、看過しないのであれば、その言がポジショントークでないのなら、今回の在特会や新風が行ったデモ行進の非は充分批判できたはずだ。

 しかし、現実はどうか。ウェブ上で著名な保守系ジャーナリストは何か批判記事を書いただろうか。政治系のブログランキング上位サイトはどうか。匿名掲示板群まとめサイトの反応はどうか。在特会や新風の行動を支えているのは、そうした偏った「痛い」認定を共有し、受容しているネット世論だろう。在特会も新風も『博士の独り言』と同様、これからも影響力を維持し続け、ノンポリなら眉を顰めるような汚れ仕事を、いつでも正義のネット世論に代わって引き受け続けるだろう。


※1)田母神氏の空幕長辞任に連座しろと言っている訳ではない。出版禁止にしろと言っている訳でもない。ソースとして信憑性に欠けるものを言論によって駆逐できずにいるということ。
※2)炎上を支持するものではない。
posted by sok at 00:44| Comment(2) | TrackBack(0) | ネットと言論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久しぶりに覗いて見ました(笑)
相変わらず誰にも相手にされてないじゃん
あんたは行動力がまったくないからじゃない
自分のブログに閉じこもり愚痴ってるだけじゃだめだよ(笑)
あんたって別の掲示板のことでもぐちぐち愚痴ってなかった?
デモやってる人たちが気に入らなければ直接言えばいいじゃん。
会いに行ってみればいいんじゃないかな

PS:犯罪者に出て行けって行って何が悪いの?
Posted by sox at 2009年05月05日 15:46
>久しぶりに覗いて見ました(笑)

 自己主張が強い方のようですが、誰だか分かりません。(1)初めてコメントされる方であれば、相応の礼節を示して、コメントしましょう。それが大人社会のマナーです。自分だけは知っているという思いで馴れ馴れしく接してこられても、ストーカーみたいで気持ち悪いです。(2)以前にもコメントされていた方であれば、ハンドルネームは統一しましょう。捨てハンで他者から対等に扱ってもらえると考えるのは、甘えです。人の記憶に残りたいのであれば、そして自らの言説に自信があるのであれば、一貫した名前でコメントしましょう。(3)荒らし・粘着の類なら、お引取り下さい。


>自分のブログに閉じこもり愚痴ってるだけじゃだめだよ(笑)

 「自分のブログに閉じこもり」という表現は、不思議な日本語だと思いました。ブログで文章を書いている人が、ブログ以外では活動していないと思える知性・感性は、相当なものです。また、GW中の昼間に、他人のブログのコメント欄に、せっせと連続投稿されている方から「閉じこもり」と言われるのも、中々味わい深いものがあります。


>デモやってる人たちが気に入らなければ直接言えばいいじゃん。

 落ち着いて本文を読めば理解できる程度には平易に書いたつもりですが、私の文章は追い出せデモ参加者への問いかけではありません。彼らを生んだウェブ上の風潮、あるいは彼らを潜在的に支えている層に対しての問いかけです。

 また、貴方が直接行動主義を採用される立場であるならば、「派遣村」運動が気に入らない貴方自身が、直接、湯浅誠氏に抗議しに行かなければならなくなります。そのような行動をしたというソースがあれば、御提示お願いします。でなければ、たかだか十行にも満たない文章でブーメランが突き刺さっている人、ということになります。

 直接行動主義は単純明快な論法なので、他者を批判するのに便利で、ウェブ上では都合良く用いられがちですが、実際には自説にも相当なハードルを課しているということは自覚した方が良いでしょう。尤も、自分だけはその負担から逃れられるように、予め捨てハンで活動するという卑怯者も、ウェブ上では時々見かけます。


>PS:犯罪者に出て行けって行って何が悪いの?

 この追記は撤回された方が良いかと思います。議論のスタートラインにも立てていないことを公言しています。さらに言えば、その論法に従えば、在特会や新風関係者にも国外退去して頂いた方が良さそうです。短文でブーメランが突き刺さっている人は、本当にお気の毒だと思いました。


2009年4月 5日 産経関西:「小学校入学式に街宣車」 校長脅した疑い 2人逮捕
http://www.sankei-kansai.com/2009/04/05/20090405-008287.php
http://s03.megalodon.jp/2009-0405-2022-38/www.sankei-kansai.com/2009/04/05/20090405-008287.php
<引用開始>
 「入学式の日に街宣車で来る」などと小学校の校長を脅したとして、兵庫県警公安2課などは4日、暴力行為法違反容疑で自称学習塾経営、増木重夫(56)=大阪府豊中市=と自称進学塾講師、遠藤健太郎(36)=大阪市北区=の両容疑者を逮捕した。
<引用終了>


2009年4月 5日 告知 : 在特会幹事(関西支部)の人事について
http://www.zaitokukai.com/modules/news/article.php?storyid=224
<引用開始>
会則第十二条に基づき以下の通り在特会幹事(関西支部)の人事を決定し公知する。

在特会会員増木重夫の関西支部長の任を解く。
理由:業務執行能力を失ったため。
<引用終了>


C.I.L(Charismatic Itabashi Lover):新風の弁士(赤石哲春)が韓国人に襲われる!→しかしその弁士の素性はこんなだった!
http://ameblo.jp/oharan/entry-10239142352.html
Posted by sok at 2009年07月27日 20:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117537288

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。