2009年01月19日

不毛なディスカッション

タケルンバ卿日記:悪いのは誰? - ある無人島漂流の物語
 ある夫婦、その妻に思いを寄せる男性、この3人とは何の関係もない男性、おじいさん。この5人が乗っていた船が難破し、無人島に流された。
 その過程で、夫婦の夫は行方不明となり、島に流れ着いたのは4人だった。この時点で夫の安否はわからない。
 夫の安否を確かめるには、船を出して捜索するしかないが、妻には船をつくる能力や、直す力はない。船をつくり、直すことができるのは、夫婦とは縁もゆかりもない男性ただひとりだった。
 妻はその男性に頼んだ。「船を直してください。夫を探したいのです」と。
 男性は直すと言った。だが、条件をつけた。その条件とは妻と一夜限りの関係を持つこと。
 妻は悩み、おじいさんに相談した。おじいさんは「気持ちのままに行動しなさい」と。
 妻は結局、その男性と関係を持った。男性は約束を守り、船を直した。
 そして船が直り、これからまさに夫を探すというときに、夫が無人島に自力でたどり着いた。
 妻は夫に、捜索するため、船を直すために男性と関係を持ってしまったことを告白した。
 夫はそんな妻を許さなかった。不貞であると。
 夫婦は破局した。
 ひとりになった妻の様子を見て、思いを寄せていた男が言った。「あなたが好きです」。

(中略)

断然、おじいさんが悪い!
 じじいが悪いです(キッパリ)。理由はこう。

最も無責任だから
 自分が思うに、この話の中では全員が何らかのリスクを負っているのです。

(後略)

 この設定で、何故「断然、おじいさんが悪い!」と言えるのだろうか?(追記あり


続きを読む
posted by sok at 02:33| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。