2007年09月24日

光市母子殺害事件裁判の弁護人批判について

 これは私信エントリーです。当ブログは私信が多く、何の話か分からない閲覧者の方には申し訳なく思いますが、そういうものと割り切ってお付き合い下さい。


【目次】
1.光市事件は単純な事件なのか
2.被告人について汲むべき事情
3.弁護団の主張変更と説明責任について
4.被告人が「友人」に宛てた手紙について
5.訴訟遅延について
6.絞殺状況を示す図画の頒布について
7.「なめないでいただきたい」発言について
8.今枝仁弁護士の涙と弁護団のテレビ出演について
9.何故、弁護団批判者が批判されるのか
10.批判者の不法は懲戒請求が初めてではない
11.弁護団は本件裁判を死刑廃止論に利用してはいない
   →最終弁論での死刑回避の可能性について(10月8日22時10分頃追記)
12.死刑・厳罰化論の前提について
13.二つの人権を巡るすれ違い(10月5日22時30分頃加筆)
14.犯罪被害者支援について(10月5日22時30分頃加筆)
15.終わりに

【追記】
16.費用と利益で考える刑事弁護(同日22時00分頃追記) 
   →マイナス方向のインセンティブについて(27日22時40分頃追記)
17.対話によって得られたこと(27日22時40分頃追記)


続きを読む
posted by sok at 19:00| Comment(15) | TrackBack(3) | 光市母子殺害事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。