2007年09月01日

中日新聞のマッチポンプ記事

 先日の名古屋市千種区・闇サイト女性拉致殺害事件に関して、被害者のブログに匿名による心ない中傷があったことついて、中日新聞が記事にしています。記事は被害者のブログに中傷コメントが寄せられたことに触れた後、犯人達が偽名を用いて互いに身元を明かさずに悪意をエスカレートさせたこと、さらに違法DVDや規制薬物の販売など、違法情報や有害情報の氾濫状況や法によるネット規制にまで言及する内容です。

cyunichi


 しかし、被害者のブログの存在を検索次第で辿れるように報じたのは、当の中日新聞でした。

(2007年08月31日)ちょいmemo:中日新聞の華麗なテクニック
「ちょいmemo」さんのまとめから引用
・中日新聞が事件被害者のブログをすっぱ抜く。検索ワード満載。
・ニュー速にスレが立つ。
・バカがブログを荒らす。
・中日は記事削除。スレでの非難は>>1に集中。
・中日が「ネットは匿名による悪意のすくつだけしからん!」と記事を書く←いまここ

 自らが不用意にネット上の匿名の悪意を誘発・助長しておきながら、犯人達の接点である闇サイトと被害者ブログへの心ない中傷を匿名という一点で結び付けてネット規制を論じるというのは、あまりに卑怯な手法です。


続きを読む
posted by sok at 06:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ネットと言論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。