2007年04月26日

長崎市長射殺事件報道 −テレビ朝日と朝日新聞と週刊朝日−

 朝日新聞社発行の週刊誌『週刊朝日』が、長崎市・伊藤一長市長射殺事件に関して、まるで安倍首相がこの「言論テロ」の黒幕と言わんばかりの広告を出している。

週刊朝日:「総力特集 長崎市長銃殺テロ 語られざる「闇」 城尾容疑者所属の山口組系水心会と安倍首相の「関係」を警察庁幹部が激白」Web魚拓

 特に反朝日的な見方をしなくても、行政対象暴力の行き着いた先の凶行と関わりがあると名指しされれば、誰だって腹が立つだろう。安倍首相も当然反論している。

(2007年04月24日)共同:首相、週刊朝日に憤り 暴力団との「関係」報道でWeb魚拓
 安倍晋三首相は24日夜、長崎市長射殺事件で容疑者が所属していた暴力団と首相サイドの「関係」を指摘した週刊朝日の報道について「私や私の秘書が犯人や暴力団と関係があるのであれば、直ちに首相も衆院議員も辞める考えだ」と述べ、強い憤りを示した。さらに「いくらなんでもだまっているわけにはいかない」と、法的措置を取る意向を明らかにした。

 首相は「一切関係ない。まったくのでっち上げで捏造だ」と強調。

 その上で「この記事を書いた(週刊)朝日の記者、あるいは朝日(新聞関係者)の皆さんは恥ずかしくないのか」と不快感を示した。

 また「いくら私が憎くて私の内閣を倒そうということでも、まったく事実に基づかない、いわば言論によるテロだ。報道ではなく政治運動ではないか」と指摘した。

 官邸で記者団の質問に答えた。
続きを読む
posted by sok at 22:00| Comment(10) | TrackBack(0) | ネットと言論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。