2007年04月20日

ネット上の保守言論は現実主義へと引き返せるか

 いい加減、ネット上の保守言論は『博士の独り言』をソースにするのはやめるべきだと思う。いや、『博士の独り言』に限らない。根拠を示せない仮説を流布するようなブロガーとは距離を置くべきだと思う。後続情報を待つくらいの慎重さも無く、差別主義を隠そうともしない、そういう態度では嫌韓反中だけでなく保守言論もいずれは廃れる。

 今月17日、長崎市で起こった伊藤一長市長銃殺事件に関して、山口組系水心会会長代行・城尾哲弥容疑者(59)の本名が「白正哲」であるとの噂がネット上に流れた。私がよく閲覧する掲示板においても、その噂の書き込みと共に、保守系ブログ『博士の独り言』の記事へリンクが貼られていた。そこで第一段落のような返答をした。これから書くことは、当初、そちらの掲示板での反応への返答として用意していたものである。書いている間に長文になったので、さらに加筆・訂正してこちらに公開することにする。


目次
1.『博士の独り言』の何が問題なのか
2.『博士の独り言』擁護の何が問題なのか
3.『博士の独り言』の他エントリーに思うこと
4.『WILL』が主張する「土井たか子=在日朝鮮人」説について
5.『痛いニュース(ノ∀`)』さんで確認出来る最近のTBSの対応と匿名掲示板での反応
6.何故、こんなエントリーを書いているのだろう?


続きを読む
posted by sok at 18:30| Comment(6) | TrackBack(6) | ネットと言論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。